戦う!後藤和 手芸部

流血するまで己と戦ってみろ!
無駄に戦うぐうたら女後藤和の手芸部活動

不定期かつ短期集中更新
<< 編み物、こっそり再開 | main | Rosettaで「リネンとコットンで編む大人のナチュラル服」 なわ編みのロングストール 1 編み始め >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    ピエロ/zakkaストアーズ Rosetta
    0
      「リネンとコットンで編む大人のナチュラル服」の
      なわ編みのロングストールを編む糸を物色中。

      指定糸はハマナカのフラックスCと涼感クーリエ。
      昼休みに会社近所の御徒町・松坂屋のハマナカ直営店で現品を見て来た。
      フラックスCは張りとコシが適度にありつつもサラッと柔らか。
      涼感クーリエは触った瞬間にひんやりしてこちらもさらっとして気持ちいい。
      手触りとしては良いけど、私的に色が微妙〜〜〜〜〜〜。ウ〜〜ム。
      と思っていた所、新発売のこの糸のドツボな色味にキュンとなって即購入。

      イタリアのメーカーtorreのRosetta
      アンティークゴールド、ダークオリーブ、ガーネットを7玉ずつと
      色が気になってアンティークゴールドと最後迄迷ったゴールドイエローを
      未練たらしく1玉購入。



      ラベルがテカってるけどだいたい色味はこんな感じ。
      毛糸のピエロ毛糸ZAKKAストアーズの写真は少し飛ばしてある感じで
      実際はもう少し深い色だと思います。

      現品見ないで買うのはドキドキだけど、この糸は大正解。
      トーンこそ渋いけど、鮮やかな色がとってもイイです。

      どうでも良いうえに全く伝わらないと思いますが、
      マフラーや鞄とかの小物で色のアクセントにしたい時に
      真っ先に選ぶ系の色!

      鮮やかな色でも明るすぎると編み上がりがなんとなくチャチくなって
      若い子向けの店とか量販店で売られているような微妙な感じになるし、
      渋過ぎる色だと宮?あおいちゃんクラスのピュアな可愛らしさがない限り
      オシャレアイテムっていうよりオバハン度が増すだけの
      残念な代物になりかねないけどこれはとっても期待できる気がします。

      特にお気に入りはアンティークゴールド。
      最後迄ゴールドイエローとこちらとどちらにしようか凄く迷ったけど
      こっちを製作用の個数購入したのは正解。
      オリーブがかったからし色が素敵です。
      でもゴールドイエローも上品な黄色で良かった。
      今回購入した糸達は三角ショールとかウェアとか
      広い面積を締めるものじゃなく、
      「パイナップル編みの鞄」とか「ポーチ」とか
      ちょっと目を引く小物系を作ったら可愛い感じになりそう。

      触り心地はシルケット加工されているので表面はスルスル。
      当然肌触りは良いです。

      ちょびっと編んでみた。
      コットン糸を棒針で編むのは初めて。
      糸割れはなしだけど伸縮も無いから糸っていうか紐を編んでるような感じ。
      でもコットン100%なので所謂ホッコリ的な編み地だと嫌だな〜と
      ちょっと気になっていたけどさらっとした編み上がりで良い感じです。
      週末からGW突入だしなんかやる気出て来た。





      毛糸のピエロ毛糸ZAKKAストアーズで4/27まで新発売セール35%オフ。
      4/30迄は毛糸ZAKKAストアーズのクーポンを使うと更に15%オフになるので
      お得なこちらで購入しました。




      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へにほんブログ村
      | 後藤和 | 糸 購入 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:30 | - | - | - | -









        http://kaz510.jugem.jp/trackback/35
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        このページの先頭へ