戦う!後藤和 手芸部

流血するまで己と戦ってみろ!
無駄に戦うぐうたら女後藤和の手芸部活動

不定期かつ短期集中更新
<< ビューティーシルクコットン で michiyo 着回し自在なニットのふだん着 Tのストール 4 着々と成長 | main | ビューティーシルクコットン で michiyo 着回し自在なニットのふだん着 Tのストール 5 完成! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    ピエロ アルルシフォン/ソミュール
    0
      ピエロのベビーアルパカ100%シリーズ。

      数年前のリニューアルを機にカラフルな色味が無くなってしまい
      密かにガッカリしていたので相当嬉しいです。

      嬉し過ぎてノープランにも関わらず全色購入。

      上左から
      51 グレージュ
      52 モスグリーン
      53 オールドローズ
      中左から
      54 モーブ
      55 アクアマリン
      56 ココナッツベージュ
      下左から
      57 バーミリオン
      58 スカーレット

      画面で見た印象より。全て渋め。

      佐藤浩市で表現するなら
      画面→敦煌の趙行徳
      実際→トヨタマークXの佐藤部長
      って感じ。

      印象こそ違いますがどれも可愛くて良い色です
      しかもモフモフでフカフカで
      いつまでも触っていられる位気持ち良いです。



      もうひとつ。
      綺麗な色がドツボにハマって気になっていたけれど、
      去年は踏ん切りがつかずに手を出せなかった
      アルパカ30%・メリノ70%のソミュールも買ってみました。


      可愛い色中心で
      02 淡ピンクベージュ(左下)
      05 マンゴー(左上)
      07 サンゴ(右上)
      08 ガーネットローズ(右下)
      を買いました。

      色はアルルシフォン同様全部渋いフィルターがかかってます。
      こっちは正直あれ??ってなってHPの画像を見直すレベル。

      佐藤浩市で表現すると
      画面→敦煌の趙行徳
      実際→み、三國連太郎???
      みたいな感じ。



      他の色も多分これくらい彩度と明度が落ちた色彩だと思われるので、
      この糸を検討している方は特に注意した方が良いと思います。

      今回、子供用に何か・・と普段は選ばぬ可愛い系の色を!と選んだので
      思わぬ渋い色味に「え!!」と驚きつつも、
      この色だったらzuppa di zuccaっぽい感じになりそう。
      って感じの上品な渋さで、結果的にオーライでした。
      この感じだと09のオリーブグリーンとか10エメグリーンなんか、
      実物は渋くて落ち着いた素敵な色味なんだろうと思います。
      自分の物を作るんだった真っ先に選ぶと思う。
      ただ、HPの画像の鮮やかさを期待して買ったらイタイ目見ると思います。

      気になっていた触り心地は相当いい感じ。

      今まで手を出さなかった理由が、
      アルパカってからにはマフラーとか肌に当たる物を作りたいけど、
      買ったは良いけどチクチクしてがっかりしたくないから。という
      チキンな理由だったのですが、、、
      なんか思ったよりも全然チクチクしなくて良い感じでした。

      若干太めの合太なのでこっちの方が使いやすそうです。



      ※今回、ここに掲載している画像は10年以上に及ぶ
      グラフィックデザイナースキルを全投入して色調補正したので
      かなりいい感じで再現出来てると思います。大げさ)


      | 後藤和 | 糸 購入 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 08:45 | - | - | - | -









        http://kaz510.jugem.jp/trackback/83
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        このページの先頭へ